スカーレット・ヨハンソン、SodaStreamuse (ミューズ)に就任!

公私ともに最近ますますHOTなスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)がSodaStreamグローバル ブランド アンバサダーに就任することを、
日本時間1月7日午前9時(ニューヨーク 現地時間19時)、グラマシーパークホテルで行われたプレスイベントにて発表いたしました。

ソーダストリーム(SodaStream International Ltd./ NASDAQ: SODA)は「ロスト・イン・トランスレーション」「真珠の耳飾り」などで知られ、
トニー賞受賞、4度もゴールデングローブ賞候補に選ばれるなどの輝かしいキャリアを持つ
’スカヨハ’ことスカーレット・ヨハンソンをブランドアンバサダーとしてこの度起用。
2014年2月2日開催予定の第48回スーパーボウルTV放映枠にて彼女が登場するコマーシャル映像が明らかになることを公表しました。

ヨハンソン自身、ソーダストリームのユーザーであり大ファンで、
「健康に気をつけることは自己責任。自分でドリンクをカンタンに楽しくカスタマイズできる
ソーダストリームに出会って愛用し始めたのは子供の頃からだった」と語る。

「私自身ソーダストリームを長年愛用していて、ギフトとしてもたくさんプレゼントしてきた。
SodaStreamがコミットしている ‘もっと美しいカラダを、もっと美しい地球を’という考えは私の考えと完全に一致しているし、
SodaStreamが持つ素晴らしいたくさんのベネフィットを世界に伝えていく役割に大きなやりがいを感じている」とコメント。
ソーダストリームCEO、ダニエル・バーンバウム(Daniel Birnbaum)は
「実力派女優でありソーダストリームの大ファンでもあるスカーレット・ヨハンソンをソーダストリームファミリーに迎え非常に嬉しく思っている。
彼女自身がブランドの持つ健康的なイメージや環境問題への貢献を体現するロールモデルだと考えている」とコメントしました。

◆SodaStreamについて

ソーダストリームは世界最大級の炭酸飲料メーカー。
家庭で水から簡単に炭酸水を作ることができるという画期的なシステムを開発、1世紀以上に渡り65の特許と198の商標登録を取得。
100種類を超える専用フレーバーシロップを使用して作る炭酸飲料は市販の炭酸飲料に比べおおよそ1/3の砂糖使用量、
1/3のカロリーで楽しむことができる(日本では現在までに23種類を発売)。
炭酸の強さが自分で調節できるため、カクテル用に適した強炭酸や、洗顔・洗髪用に便利な微炭酸まで自由自在に作ることができる。
専用ボトルは約2000回繰り返し使用可能なので、これまでのように炭酸飲料や炭酸水の買物の手間や買置きがスペース不要になりゴミも出さずに済むため、
ペットボトル・カンのリサイクルによる不要なCO2排出やペットボトルごみによるプラスチック汚染から地球を守る、
賢くて環境にやさしいこれまでの*RTD飲料代替品として世界から注目を集め、特に北欧では約20%を超える普及率となってきている。

ブランドの歴史が支える技術力と数々のベネフィットで市場をリードし続け、
今では世界45か国6万店を超える店舗で販売され、年間約6億リットルの炭酸飲料を提供し続けている。

*Ready To Drink=ボトルや缶に入ったそのまま飲める飲料製品